FXビギナーがマーケットの要を押さえるには最初に取引経験を重ねる事が大切です。

直前に危険を避けれるようになるためには、失敗を繰り返す事も大切です。

当然、間違いをするといっても、立ち上がれなくなるほど重大な損をする事は問題外です。

取り戻せるほどの負けを何度か実績を積む事が結果的に自分の経験値を高めてくれるはずだ。

そう考えるとまず最初はわずかな資金で売買を行いこれによって何度か取り戻せる負けを経験することを推奨します。

一例として、100万円しか投資に回すお金のない場合、100万円を少しも残さないで使って売買すると、ミスした時金輪際元に戻せないリスクがあります。

それよりは、資金の10%ずつ分割して売買してこれによってマイナスやプラスを繰り返したほうが、少しずつミスを補う技術なども身についていくはずである。

最初に少ない額で投資することの価値は前述したように、自らの体験を増やし、ミスを管理する方法を覚える事にありますがトレードの回数を積み重ねてリスクを削減できるという良い点もあります。

仮に、1度限りの取引で勝てる確率が50%だと考えます。

この場合、同じ条件で損するリスクもあります。

勝率50%ということは二分の一の率で利益が出る事を言い表しています。

だけど、全ての投資資金を投じて1回のみのエントリーをするということは、勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

これでは単なる丁半バクチと同じ。

要するに、全てのお金を投入して1度だけしか勝負しないとそれだけでは大損する比率が高まってしまいます。

これを回避するために、お金を全額つぎ込むのではなく何度かに分けて、回数を重ねる事が危険性を減らす事になります。

ただしいくつかに分けたとしても、すべてにプラスにする必要はありません。

はっきり言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。

売り買いで必要なのは勝った回数ではなく、どのように利益を出すかです。

勝率が50%でも或いは勝率5割以下でも儲ける事は出来ます。

それ以上負けても損失が少額ならば、少ない勝利の儲けだけで上手に利益を上げる事が出来ます。

そのためには、損失を少なく、利益を大きくを気をつけておくことです。

損したらすぐさま損切り注文して、それとは反対に儲けられる場面では出来るだけ大きく利益を出す事が外為ビギナーがFXで儲ける極意です。