渡された明細レシート保存義務はないのか?答えを冒頭に言うと重要な理由は特にあるわけではありません。レモンもつ鍋

保存していることで個人が切った内容を残しておきたいと考える際は保管すればよいことですし、反対に言うとそういう履歴はいらないという場合には保存する必然性はないのです。ラーメン二郎 京成大久保店

しかしながら月々送付される利用明細書との照合作業においてはこのような利用レシートが不可欠。http://www.sakusakura.jp/

その時まで保持していないとなると、どちらで何月何日にどれだけ決済したかというのがわからなくなることだけに限らず、誤請求の他二重請求があるかの確認作業さえも不可能になってしまうので危ないです。スリムフォー 口コミ

特にクレジットカードを使用した内容は明細レシートを持っていない限りは覚えておくことはできないはずです。定気法 恒気法

できれば明細書類が送付されてくる1ヶ月・2ヶ月程度の期間は、レシートを保管するようにして頂きたい。

クレカの明細レシート廃棄手段》利用レシート破棄方法はすごくシンプルなのです。

人に不正な利用をされないよう裁断して捨てるだけで良い。

市販の機械等が自宅で利用できる場合には念のため利用しても良いでしょう。

クレジットの使用内容を証するレシートであるため、カードNoなど機密情報の内容を知られる情報がたくさん書かれています。

普通のレシートと軽視せず、廃棄は細心の注意を払って実施したほうがよいでしょう。

また、悪用防止のためにレシートに番号等の情報が記載されない明細レシートも出てきているが安全と思い込むことは禁物である。