フリーローンに関しての支払内容というものは、カード会社それぞれでかなりずれというものがあり、多様な方法が導入されています。類型的には残高スライド方法やリボ払い方式が導入されているみたいです。また斯様な誰しもが知っているリボ払でも本当を言えば算出方法にはいろいな形式といったものがあったりするのです。それ故しかよう様式に応じて返済合計金額が違ってきてしまいますので、把握しておいて損はないと思います。そうしたらやさしく2つの様式のギャップについて解説しましょう。最初は元金均等払いもう一つは元利均等払いです。両者は読んで字のごとく元金に関して均一にして支払っていくというものと元本と金利をつごうで均一に払っていこうという様式になります。今回は10万円カードキャッシングしたというふうに具体的にどんな勘定をしていくのかやってみます。利率をどちらも15%と仮定し算定します。リボルディングに関する返済を1万円というように試算します。まずは元金均等払いです。斯うした折の1回目の支払いについては1万円に対して利率分1250円を計上した返済額になります。2回目の返済については1万円へ利子分の1125円を計上した返済額へとなります。かくして総回数10回にて支払いを済ませるといった形式となります。他方元利均等払いというのは初回の返済については1万円ですがそこから元金に8750円、利子へ1250円といった具合に割り振るのです。次回の支払いについては元金が8750円に減少した状態で利息を勘定し、その1万円から再度割り振ります。換言すれば、元利均等払いの事例は10回で返済が終了しないといった勘定になってしまいます。こればかりの差異で二方がどれぐらい異なっているかが十分にわかってもらえたでしょう。元利均等とは元金均等と比肩して明瞭に元金が縮小するのが緩やかと言うウイークポイントというのがあったりします。言い換えれば利息を余計に支払うというような状況になるのです。一方では1回目の支払いが少なくて落着するというような利点というものも存在したりするのです。こういった支払手法のずれに応じて、支払い総額というのは相異なってきたりしますからあなたの嗜好に合致する方針を取るようにしてみてください。