ノートパソコンのディスプレイの前に座って、リアルタイムで変化している相場を眺めていると直ちに取引をしなければならないという抑えようの無い感情に駆られる方も多いと思います。だけど、漠然とした感覚でエントリーするのだけは、断じてしてはいけません。確かに、マーケットは24時間、休みなくマーケットは変動しているし、レートも休みなく、変化しています。そうであっても、何度もトレードを積み重ねるとその分損失を被る危険が高くなってしまいます。無論、売買の数を経験することによって次第に勝ち負けの確率か半々になるのは周知の通りです。でもこの事実は「明確でない感覚でトレード」することとは別の話です。注文回数を積み重ねる事の意味は自分が「ここがチャンス」と感じた感覚を得られたうえでのトレード回数を積むという事です。格段の理由がなく、売り買いを重ねるのとはかなり異なります。市場の駆け引きにi挑むにはあなたがよく考えてメリハリをつけることこそが不可欠です。「ここはいける」と思えた外国為替相場の時には迷わず所持ポジションを多くして集中して利益を追求する。「少し頭をかかえる相場でどう動くのか読めないな」と思案した時はいっそのこと所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もせず静観します。それくらいのけじめをつけた方が最終的に売り買いは勝利します。マーケットの金言には「休むも相場」というものがある。本当にその通り。FXとはいつでも売買ポジションを所有する事が大事ではなく、どのポジションも保持せず何もしないことも状況によっては、取引です。そうであるならば、どのタイミングで休むべきなのでしょうか。最初に考えられるのが、前述の通り、今の市場が具体的に判断できない時です。これから上がるのか下がるのか見通せない時は分からないまま行動すると、自分自身の考えた物語とは違った方向にマーケットが変動してしまい、損失を被る事になります。そのため、そういったケースではポジションを整理して何もしないで静観を決め込むのがいいと思います。第2に、あなたの体の調子が変なときです。体の具合とマーケットに関係しないと考える人もいるだろうが。実際には大きく関係がある。コンディションが変な時は為替相場の大切な場面で、落ち着いた決断を下すことができなくなります。気乗りがしない時は取引から遠ざかる事も必要な事です。