「スプレッド」とはFXは通貨ペアをトレードして差益を生む商品です。取引の値は1日中上下しています。これがマーケットです。ラジオのニュースを聞いていると、通貨のマーケットのニュースが流れる場合があります。よくあるのが「今のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを意味しています。すなわち、売買には買値と売値の両方の価格が存在する事を示しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現しているFX取引会社も存在しています。普通は買値よりも売値のほうが安い価格に決定されています。実際に買値は高く、売値は安くなるものです。その差をスプレッドといい取引業者の儲けの一部になっています。スプレッドはFX取引会社によって変わります。スプレッドの差は経費になるので低いFX取引会社をピックアップしたほうが得します。ただ、同じFX取引会社でも状況によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。例えば平常時はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドの幅だったとしても為替相場の変化がとても大きい状況では1銭よりも大きくなる事があります。そのため、スプレッド幅が狭いのと共に変化しない事が不可欠です。現在では固定でスプレッド幅を表示する業者もいろいろ存在します。実際に業者の売買画面内でマーケットを見て確認しなければ区別できないのですが大切な事です。大事な財産を賭けて売買をしますので本物の取引の前に関心がある会社の取引口座開設を試して、スプレッドの広さを確認しましょう。同じペアでも、その時間帯の相場の条件によって、通貨ペアのスプレッドの広さは異なる場合があります。おおむね、銀行間取引で流動性の高い通貨ではスプレッド幅が狭くこの他の外貨ではスプレッド幅が大きくなる事が多いです。